不妊治療専門病院で行なっている不妊女性のための体外受精とは。

大人でも発症してしまうアトピーの実態
肌トラブルとアトピーは症状が似ていて間違えやすい
ステロイドで大人のアトピーが緩和される

高齢出産の現状~リスクだけじゃないメリットの存在~

近年では女性の社会進出が進み、晩婚化しつつあります。それゆえに、高齢出産をする女性も多くなってきました。リスクが多いと言われる高齢出産ですが、不妊治療の現状は徐々に変化しつつあるようです。

世界的に増えている高齢出産と不妊治療

妊婦

晩婚化の影響もあってか、高齢出産をする女性の割合は世界的に見ても増加傾向にあります。厚生労働省が行なった最新の調査でも、日本でここ20年の間に高齢出産が格段に多くなっているということが明らかになっています。また、これには40代で妊娠した女性の小説が映画になって大ヒットしたということも大いに関係していると言えるでしょう。高齢出産の現状を表現したリアルなストーリーが多くの女性の注目を集めたのかもしれませんね。

高齢出産に抱く世間のリスクイメージ

高齢出産は周りから反対されることも多いでしょう。そこで、世間が抱いている高齢出産のイメージについて見ていきましょう。

母体よりも子供へのリスクが懸念される

私たち夫婦にはなかなか子供ができませんでした。不妊治療をしようかという話にもなりましたが、高齢出産だと子供の健康問題や障害のリスクもあるのではと思い、なかなか治療に踏み出せないでいます。

出産はもちろん、子育てに不安を感じる

40代で妊娠が分かった時に、一番心配だったのは子育ての事でした。今まで仕事しかしてこなかった私が子育てなんかできるのか、と不安になりました。周りも同じことを思っていたようで、とくに母親にはかなり心配されました。

不妊治療にかかる費用が高額

30代で結婚し、それから10年経っても子供ができませんでした。もう無理かなと思っていたのですが、諦めきれず不妊治療を受けようか迷っています。しかし、費用が高額なのでどうしても躊躇してしまいます。

リスクばかりじゃない!高齢出産のメリット

高齢出産と聞くとリスクしか思い浮かばないという人も多いでしょう。ですが、先ほども書いたように高齢出産をする人は増えています。リスクがあるのになぜ高齢出産は多いのでしょうか。その理由を探ってみましょう。

安定的な経済力が妊活・子育てにプラス
高齢出産をするまで共働きをしていたという夫婦は多いです。仕事をしていた期間が長いので、安定した収入と貯金があり、妊活や子育ての際に金銭的な余裕を持てるというメリットがあります。妊活や子育てはそれなりのお金が必要になるものです。金銭的な余裕があれば心にも余裕を持てるので、夫婦仲が悪くなることもありません。
妊娠・出産に対しての知識と準備が十分できる
知識が不十分なまま出産をすることに不安を感じる人は多いでしょう。高齢出産の場合は周りに出産を経験している友人や知人から体験談を聞ける機会が多いです。そのため、妊娠・出産に関する多くの知識を身に付けることができるのです。知識を身に付けることで、準備しておくべき物もあらかじめ揃えておけるので安心です。
アンチエイジング効果が期待される
高齢出産は母体への負担が大きいイメージがありますが、嬉しい効果もあります。妊娠中は女性ホルモンが大量に分泌されるため、肌がツルツルになったり冷え性が改善されたりすることがあります。また、高齢出産のリスクを減らすために体調管理や食事管理に意識して取り組む人も多いので、それが若返り効果につながるようです。

60代で体外受精に成功した幸せな女性もいる

高齢出産と言っても、せいぜい40代か50代だと思うでしょう。ですが世界には本当の意味で高齢出産をした女性がいます。スペインに住むその女性は60代で体外受精を行ない、無事に元気な女の子を出産しました。だが、60代で出産することに対して批判の声もあったそうです。しかし女性は、妊娠したことで若くなれたし、強くもなれたと幸せそうに語りました。この女性の存在は高齢出産に踏み切れない人にとって大きな希望となるでしょう。

進化する不妊治療で安全な体外受精が可能

今の日本の医療技術は目覚ましい進化を続けています。不妊治療の分野においてもそれは同じです。進化する不妊治療により妊娠する確率が高くなっています。ここでは、最新の不妊治療と成功させるためのコツをご紹介します。

自然に近い妊娠が可能な体外受精の不妊治療が登場

不妊治療には様々な方法があります。効果的な不妊治療の研究が進み、ついに体への負担が少なく自然に近いかたちで妊娠できる方法が登場しました。「クロミフェン周期体外受精」という方法で、ほとんど副作用がないクロミフェンという薬を使用します。クロミフェンとは排卵誘発剤のことで、この飲み薬と「hMG」というホルモン注射で採卵します。一般的な体外受精では「hCG」という注射を使用するのですが、この方法で体外受精を繰り返していると、妊娠が難しくなってしまいます。しかし、クロミフェン周期体外受精であれば卵を2、3個取り出すのに20~30秒ほどしかかからず、卵をできるだけ自然に近い方法で育てることが可能なのです。

不妊治療専門病院の選定と計画が成功のカギ

不妊治療をするとなると、まずは産婦人科に行きますよね。産婦人科の中には不妊治療専門病院もあります。しかし、個人の病院には不妊治療の専門医がいるとは限りません。そのため、不妊治療を受ける医療機関は慎重に選ぶ必要があるのです。不妊治療専門病院だと専門医以外にも、不妊治療を専門とする看護師や臨床心理士、体外受精コーディネーターが働いています。専門の知識と経験があるスタッフのサポートがあって、初めて効果のある治療を受けることができるのです。下記では妊活を始める人に最適な不妊の基礎知識から不妊治療専門病院で行なう最新治療など、不妊症に悩む人に役立つ情報がたくさん紹介されています。

TOPボタン